少数なら手作りもアリ

サークルでオリジナルTシャツを制作したいと考えたとき、自身の所属しているサークルにどれくらいの人数がいるかは非常に重要な意味を持つと思います。サークルメンバーが数十人いるような大規模なサークルの場合、業者に依頼しないとオリジナルTシャツ制作が予想以上に大変な作業に感じられることでしょう

オリジナルTシャツしかし、もし所属しているサークルの人数が少数である場合、すべてのオリジナルTシャツを1人の方が手作りしてみるのも味があっていいと思います。というのも、オリジナルTシャツの制作はプリント用アイロンとデザインのアイデア、イラストレーターなどのソフトがあれば比較的簡単に作ることができるからです。

素人が作ることになりますので、業者に依頼するよりも質が落ちることも考えられますし、もちろん失敗してしまうこともあるでしょう。そういった部分も含めて、仲間内で笑い合えるような関係性を築けていた場合、自作のオリジナルTシャツも受け入れてもらえる可能性は高いと思います。また、メンバー全員でオリジナルTシャツの制作に取り掛かるのも1つの思い出作りになりますので、サークルメンバーが10人以下の少数である場合には、考えてみてはいかがでしょうか。


**関連記事**

  1. サークルでオリジナルTシャツ
  2. 合宿でTシャツ制作
Pocket

合宿でTシャツ制作

大学のサークル活動の一環として、夏に合宿を執り行うことも多いのではないでしょうか。ウィンタースポーツを楽しむサークルの場合には冬合宿になることもございますが、多くのサークルでは夏に合宿をおこない、能力を高めるとともにサークルメンバーの絆を深めようと考える傾向にあります。

合宿その合宿時に活躍するのがオリジナルTシャツです。日頃大学内で活動するときとは周囲のテンションも違いますし、非日常的な場所に来た高揚感や開放感を後押しするように、サークルのために制作したオリジナルTシャツを用意しておくと、よりサークル内の絆は深まると言えるでしょう

作るのが難しいイメージを持つこともございますが、決してオリジナルTシャツ制作は難しいものではありません。デザインが得意な方がいればその方にオリジナルTシャツのデザイン全般をお願いしても問題ありませんし、業者に依頼すれば短期間に良質なオリジナルTシャツを仕入れることが可能でしょう

また、合宿自体は遊び半分で参加する方も多くいらっしゃいますが、本腰入れて活動に身を入れているサークルもございます。どちらのケースに該当していたとしても、仲間意識を強めておいて損はありませんので、サークルでオリジナルTシャツを制作し、活動を盛り上げてみてはいかがでしょうか。


**関連記事**

  1. サークルでオリジナルTシャツ
  2. 少数なら手作りもアリ
Pocket

サークルでオリジナルTシャツ

大学に入学すると、興味のある分野のサークルが見受けられた場合、所属してみようと考えることもあると思います。中学や高校と違い、それぞれのサークルで重視している活動内容に大きな違いが見受けられますので、好む方もいればそうではない方もいらっしゃると思いますが、肌に合うサークルがありましたら所属しておいて損はないでしょう。

オリジナルTシャツそして今までの学生生活と大きく異なる点として、サークル内でオリジナルTシャツを作ることがあります。高校生の頃は文化祭などのイベントがない限りは着用する機会もなかったオリジナルTシャツですが、特に合宿などを執り行っているサークルではオリジナルTシャツの制作を毎年おこなっていることもあるほどです。

サークル内のメンバーしか持っていないオリジナルTシャツとなりますので、その分仲間意識は非常に強くなりますし、手間も費用もそこまでかかるような代物でもありません。また、サークル内のメンバーがあまり多くないようでしたら自分たちで自作してみるのも趣のあるオリジナルTシャツを作ることができるのではないでしょうか。

こちらで大学のサークル活動にもはや欠かせないと言っても過言ではないオリジナルTシャツに焦点を当て、オリジナルTシャツを制作する上で感じられるメリットと、自作する場合の方法についてご紹介いたします。大学生活をサークル活動で彩るためにも、ぜひサークル内でオリジナルTシャツを制作してみてください。


**関連記事**

  1. 合宿でTシャツ制作
  2. 少数なら手作りもアリ
Pocket